TEL:03-5738-8720(受付時間9時~21時) 資料請求 お問い合わせ

エアラインキャリアラボラトリ

「優しい鬼教官のいるエアラインスクール」エアラインキャリアラボラトリ 今まで、国内・アジア・アメリカ・ヨーロッパの航空会社に全員合格しています
「優しい鬼教官のいるエアラインスクール」エアラインキャリアラボラトリ 今まで、国内・アジア・アメリカ・ヨーロッパの航空会社に全員合格しています

トピックス

学生さんに、何を話すか。エアラインスクールの意義③

2014年7月27日

いつも、講座を開いていただくと、
多くの学生さんと向き合うことができるから
楽しいんですよ。

色々な方々がおられて、
お話をするうちに、
逆にこちらが
元気なパワーをいただいていることも
しばしば。。

そうして、
話が核心に入り、
キャビンアテンダント、グランドスタッフになるために
今何をすべきか、
について考えてもらうことにすると、
本当みなさん真剣ですよね。

人生初の某大学での就活講座でもそうでした。

そうして、質問してみたんです。
「キャビンアテンダントになるのに、
何が必要だと思いますか」って。

すると、
・笑顔
・スタイルの良さ
・綺麗な雰囲気
・優しさ
・英語
・美しい立ち振る舞い

と、みんな夢見る乙女そのものという、
フワフワした想いを言葉にして下さるわけです。

中には、大手のエアラインスクールに
通っているという方も多かったですよね。
それで、私はびっくりしてしまったわけです。

皆さん、
就職前なのに、
あまりにフワフワしていて、
航空会社の新人には
ほとんど見られないような、
ヤワイ雰囲気だったから。

このままでは合格者は出ないぞ、と。

日本人にはCA、GSというと、
憧れを抱く傾向があります。
韓国もそうだと聞いたこともありますが。

一般的にCA、GSというと、
花型の職業という先入観が、
どなたにもおありだと思います。
特に学生さんにはそれがとても強いんですね。

キッカケはそれでもいいかもしれません。
しかし、航空会社は、
絶対に、
フワフワした学生を雇うことは、無いのです。
他業種の企業も同様です。

学生さんが持っているハッピーでフワフワした先入観。
本や空港で見た外側から見た要素を
自分に取り入れようとする素直な学生さん。

美人でマナーが良ければ、
合格出来るのだろうと
考えてしまう勘違い。

「立ち振る舞い」という言葉が
就活に使われるようになったのは、
「エアライン受験」からかもしれません。

フワフワした学生さんの欲しがっているものを
ただ与えるスクール。

欲しい人と、
与える人。
成り立つビジネス。

その先に何があるか。

そこにあるのは、
「成り立たない就職活動」なのです。

初回の講座で出会ったある学生さんは、
こう教えてくれました。

「私は、大学一年生から某スクールに通って、
真面目にやって来たんです。

でも、就活が始まるまでクラスでやったのは、
TOEICの問題集だけでした。。

これで良いんだろうと信じて来たけど、
いま、書類すら通りません。。。
こうお話できる元CAさんって本堂さんが初めてです…」

ここにハッキリ見えたもの。
それが。

「企業側と学生さんのギャップ」
を埋めるどころか、
更に大きな溝にするエアラインスクールの現実、

だったのです。


TEL:03-5738-8720(受付時間:9時~21時)
TEL:03-5738-8720(受付時間:9時~21時)
資料請求お問い合わせ

このページのTOPへ